【Flutter】Textで改行したい、できない、したくないときに見る記事

対象者

  • Flutter初心者で基本的な改行の方法を学びたい方
  • Text内の長文が改行できないで困っている自分
  • Text内で2行になるかならないかの微妙な文字数を1行で収めたい俺

はじめに

テキストの表示はアプリ開発において非常に重要な要素です。ユーザーに情報を伝えるだけでなく、デザインや使い勝手にも大きく影響を与えます。そしてテキスト内で改行すると見やすくなることが多いです。
ただどうやって、改行ってどうやるの?という最初の疑問もありますが、そこからTextで改行されない!という場合もあります。または、できれば改行せずにすませたい、ということも試行錯誤しました。そんなときの自分の調査結果をまとめました。

Text内での改行の基本

Flutterでテキストを表示する際、改行をどのように扱うかは非常に重要なポイントです。改行を適切に扱うことで、読みやすいアプリケーションのUIを実現できます。

\nを使用した改行

改行の最も基本的な方法は、\nをテキストの中に挿入することです。これはプログラミングの世界で広く使われている改行の表現方法で、Flutterでも同様に利用することができます。例えば、Text('行1\n行2')と記述すると、'行1'と'行2'が別々の行に表示されます。この方法はシンプルで直感的なため、初心者にも理解しやすいと言えるでしょう。

トリプルクウォートを使用した改行

トリプルクウォートを利用すると、ソースコード上での改行がそのままテキスト表示に反映されます。例えば、

Text('''行1
行2''')

と記述すると、'行1'と'行2'が別々の行に表示されます。この方法は、長いテキストや、フォーマットを保持したいテキストを扱う際に便利です。

特に長いテキストやフォーマットを保持したいテキストを扱う際に非常に便利です。例えば、JSON形式のデータを扱う際には、この方法が役立ちます。以下のように、トリプルクウォートを使用してJSONデータを記述し、最初と最後に改行を入れることで、見やすく整列された形でテキストを表示することができます。

Text('''
{
  "name": "John Doe",
  "age": 30,
  "city": "New York"
}
'''.trim())

このコードでは、ソース上はJSONデータが整列されて見やすいですが、trim()メソッドを使用して、文字列の最初と最後の改行を取り除いています。これにより、JSONデータが整列され、読みやすく、かつ、現実的なデータ(通常のWebAPIの結果のJSONなどには、最初と最後に改行が含まれていないので)になります。このように、トリプルクウォートを利用することで、コード上での改行をそのままテキスト表示に反映させることができ、より柔軟で効率的なテキストの扱いが可能になります。

Text Widgetのプロパティを利用した改行

Text Widgetには、テキストの表示方法をカスタマイズするための様々なプロパティが用意されています。例えば、maxLinesプロパティを利用することで、テキストの最大行数を制限することができます。また、overflowプロパティを利用することで、テキストがオーバーフローした際の挙動を指定することができます。例えば、

Text(
  '非常に長いテキスト非常に長いテキスト非常に長いテキスト',
  maxLines: 1,
  overflow: TextOverflow.ellipsis,
)

と記述すると、テキストが1行に収まりきらない場合には「…」で省略表示されます。

これらの方法を適切に使い分けることで、アプリケーションのUIはより洗練され、ユーザーにとって読みやすいものとなります。

Row内の改行

Row中にTextが入ると、状況が少し変わります。Row内でTextの幅が無制限になるため、改行されなくなります。そこでTextに幅の制限を与えるため、FlexibleやExpandedを使います。

Row(
    children: [
        Flexible(
            child: Text('このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています'),
        ),
        Flexible(
            child: Text('このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています'),
      ),
    ],
),

テキストの動的な制御

発送を逆にして、改行しないようにフォントのサイズを調整する手もあります。

テキストの長さに応じたスタイルの変更

テキストの長さに応じてスタイルを変更することで、読みやすさを保ちながら情報を効果的に伝えることができます。例えば、テキストが一定の長さを超える場合にフォントサイズを小さくすることで、改行を防ぐことができます。

Text(
  'ここに非常に長いテキストが入ります。',
  style: TextStyle(
    fontSize: text.length > 50 ? 12.0 : 14.0,
  ),
)

上記のコードでは、テキストの長さが50文字を超える場合にフォントサイズを12.0に、それ以下の場合には14.0に設定しています。

FittedBoxでTextを自動調整する

さらにFittedBoxウィジェットを使用することで、テキストが親ウィジェットの幅に収まるように自動的にサイズ調整を行うことができます。

例えば、以下のようにFittedBoxウィジェットを使用してテキストを囲むことで、テキストが長くても親ウィジェットの幅を超えることなく表示されるようになります。

FittedBox(
    fit: BoxFit.scaleDown,
    child: Text('このとても長いテキストですが自動で折り返されしてほしくないと思っています',
        style: TextStyle(fontSize: 32)),
)

このコードでは、FittedBoxウィジェットがTextウィジェットを包み込んでおり、fitプロパティにBoxFit.scaleDownを指定することで、テキストが親ウィジェットの幅に収まるように自動的にサイズが調整されます。またデフォルトのフォントサイズを指定してます。これにより、テキストが短い場合は指定のフォントサイズ、テキストが長い場合はサイズが調整され、画面からはみ出すことなく、読みやすい状態を保つことができます。

この方法を利用することで、テキストの長さに応じてフォントサイズを手動で調整する必要がなくなり、より効率的にテキストを表示することが可能になります。

Q&A

Q1: どうやって改行しますか?

Flutterでテキスト内に改行を挿入する方法はいくつかあります。最も一般的なのは、\nという特殊文字をテキストの中に入れることです。これは改行文字として機能し、テキストを新しい行に分割します。例えば、Text('行1\n行2')と記述すると、'行1'と'行2'が別々の行に表示されます。また、トリプルクウォートを使う方法もあります。これは複数行のテキストをそのままの形で表示したい場合に便利です。例えば、

Text('''行1
行2''')

と記述すると、ソースコード上での改行がそのままテキスト表示に反映されます。さらに、Text WidgetのmaxLinesプロパティを設定することで、表示する最大行数を制限することもできます。

Q2: 改行しないのは何故ですか?

改行が行われないのは、通常、テキストが表示されるコンテナの幅が十分に大きいか、または制限が設定されていないためです。特に、Rowウィジェットの中にTextウィジェットを配置した場合、Rowは水平方向に無限の幅を持つと見なされるため、テキストは自動的に改行されません。これを解決するには、FlexibleExpandedウィジェットを使用して、テキストが占めることができる幅を制限する必要があります。

Q3: 改行しないためにどうやってフォント調整すればいいですか?

改行せずにテキストを表示するためには、FittedBoxウィジェットを使用してフォントサイズを動的に調整することができます。FittedBoxは子ウィジェットを親のサイズに合わせて自動的にスケールダウンさせることができます。例えば、

FittedBox(
  fit: BoxFit.scaleDown,
  child: Text(
    'このとても長いテキストですが自動で折り返されしてほしくないと思っています',
    style: TextStyle(fontSize: 32),
  ),
)

このコードでは、FittedBoxTextウィジェットを包み込み、fitプロパティにBoxFit.scaleDownを指定しています。これにより、テキストが親ウィジェットの幅に収まるように自動的にサイズが調整され、画面からはみ出すことなく表示されます。

まとめ

Flutterでのテキスト表示と改行の扱い方について学びました。基本的には、\nを使って改行を挿入するか、トリプルクウォートでソースコード上の改行をそのまま反映させる方法があります。また、TextウィジェットのmaxLinesoverflowプロパティを駆使することで、テキストの表示をカスタマイズできることも理解しました。特にRowウィジェット内でのテキスト表示では、FlexibleExpandedを使用して幅の制限を設けることが重要です。

さらに、テキストが長くなった場合には、FittedBoxウィジェットを利用してフォントサイズを自動調整し、画面からはみ出さないようにするテクニックも学びました。これらの知識を活用することで、アプリのUIをより洗練されたものにし、ユーザーにとって読みやすいテキスト表示を実現できるようになります。

参考

ソース(main.dartにコピペして動作確認用)

import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: Text('Text Widgetの改行サンプル'),
        ),
        body: Padding(
          padding: const EdgeInsets.all(16.0),
          child: Column(
            crossAxisAlignment: CrossAxisAlignment.start,
            children: [
              Text(
                'これは\\nを使用した改行の例です。\nここで改行されます。',
              ),
              SizedBox(height: 20),
              Text(
                '''
これはトリプルクウォートを使用した改行の例です。
ここで改行されます。
'''
                    .trim(),
              ),
              SizedBox(height: 20),
              Text(
                'これはText overflow: TextOverflow.clip を利用した改行の例です。長いテキストが自動で折り返されます。',
                overflow: TextOverflow.clip,
              ),
              SizedBox(height: 20),
              Text(
                'これはText TextOverflow.ellipsisを利用してますので、文章が長いため省略されます',
                overflow: TextOverflow.ellipsis,
              ),
              SizedBox(height: 32),
              Text('Row Flexibleなし'),
              Row(
                children: [
                  Text(
                    'このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています',
                  ),
                  Text(
                    'このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています',
                  ),
                ],
              ),
              SizedBox(height: 20),
              Text('Row Flexibleあり'),
              Row(
                children: [
                  Flexible(
                    child: Text('このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています'),
                  ),
                  Flexible(
                    child: Text('このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています'),
                  ),
                ],
              ),
              SizedBox(height: 32),
              Text('FittedBox'),
              FittedBox(
                fit: BoxFit.scaleDown, // 子ウィジェットを縮小してフィットさせる
                child: Text(
                  'このとても長いテキストは自動で折り返されしてほしいと思っています',
                ),
              ),
              FittedBox(
                fit: BoxFit.scaleDown,
                child: Text('短い', style: TextStyle(fontSize: 32)),
              ),
              FittedBox(
                fit: BoxFit.scaleDown,
                child: Text('このとても長いテキストですが自動で折り返されしてほしくないと思っています',
                    style: TextStyle(fontSize: 32)),
              )
            ],
          ),
        ),
      ),
    );
  }
}